弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点 遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)相談

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?遺産分割協議書作成は?

遺産分割協議を絶対に行おう

遺産分割協議を行うにあたり、絶対に話し合いの内容を記録しておくことが欠かせないテーマとして挙げられます。 近頃は、遺産分割協議に関する問題の発生率が増加しており、いざという時に備えて、納得のゆくまで専門家の助言を受けることがおすすめです。

また、遺産分割協議の費用の負担方法に関しては、それぞれの相続人の間できちんと相談をすることが重要なポイントといえます。 その他、遺産額の計算方法について迷っていることがあれば、同じような状況におかれている人からアドバイスを受けることで、将来的なリスクを避けることができます。

遺産分割協議の相談先の決め方

遺産分割協議のサポートの内容が優れている法律事務所は、全国の都市部を中心に増え続けており、なるべく早いうちに相談先を見つけることがとても大切です。 また、リーズナブルな料金が設定されている業者の見つけ方について迷っていることがあれば、短期間のうちに色々なタイプの法律事務所の無料相談の機会を利用することが良いでしょう。

現在のところ、遺産分割協議のサービスの良しあしに関してこだわりのある消費者が少なくないとされ、いざという時に備えて、経験豊かな弁護士や司法書士などから助言を受けることがポイントとなります。

遺産分割協議の相談事例について

遺産分割協議の対応を法律の専門家に任せることによって、親族間のトラブルのリスクを最小限に抑えることができます。 最近では、大手の法律事務所の公式サイトなどに具体的な相談事例が掲載されることがあるため、常日ごろから便利な情報を集めることがおすすめです。

また、遺産分割協議に関するリスクを回避するためには、ある程度のコツが必要となることがありますが、様々なケースに備えて、便利な知識を身に着けることが良いでしょう。 その他、それぞれの法律事務所の具体的な相談事例をチェックすることで、常に安心して行動をすることが可能です。

遺産分割協議の目的を説明します

相続が発生したときに、遺言書が存在すればその内容にしたがって財産を処理することになります(指定分割)。しかし遺言書がない場合、相続人の間で遺産分割について話し合う必要が生じてきます。

遺産分割協議の目的は、相続人の間で「相続財産をどのように分割するかを話し合う」ことです。遺産分割協議では相続人全員が納得して合意することを目指します。したがって、協議に参加しない相続人がいる場合、参加相続人の間で合意に達しても協議は無効です。協議が成立すれば「遺産分割協議書」を作成することになります。協議不成立の場合には、家庭裁判所で遺産分割することになります。

遺産分割協議の資料として必要な金融機関の残高証明書

遺産相続が発生した場合、遺産の計算をする上で、被相続人が生前取引のあった金融機関に連絡し、連絡日以降口座から金銭等を引き出せないように一旦口座凍結を行い、死亡日を基準日とする口座の残高証明書の作成を依頼し取り寄せます。

銀行、信用金庫等であれば、定期預金・普通預金・通知預金等の残高、証券会社であれば、株式、債券、投資信託のほか外国債等や預り金銭の残高が記載された書類となります。その後、相続人全員で遺産分割協議の合意にもとづき作成された遺産分割協議書の原本を提示し、被相続人口座の凍結解除を行った上、出金手続きや口座移管等の手続きを進めることになります。更新20161206

遺産分割協議で遺留分主張するなら内容証明郵便で

他の相続人が生前贈与うけていた場合、贈与分も遺産として組み入れることができるため、最低額を保証されている遺留分も増額するものです。もし、その分の遺産を請求したいと考えるのであれば、遺産分割協議でその旨を伝えるべきです。

この請求は、意思表示をするだけで1年という時効をなくすことができるので、正式に意思表示したという証拠を残す上でも、内容証明郵を送ることです。どの程度の金額が贈与されたか明確でなくても問題ありません。ですが、贈与したのがいつ頃か、どのような性質の贈与だったかによって、遺産として組み入れられるものかどうかが違ってきます。

遺産分割協議に関する記事

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの遺産相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

遺言書作成・遺留分について

相続税のお尋ねと税務調査

相続手続き

遺産分割協議