弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点 遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)相談

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?遺産分割協議書作成は?

遺産分割協議書では建物の所在を正確に記します

遺産分割協議書で大事なポイントの一つに、建物について間違いや漏れがないように具体的に細かく記すということがあります。もし後になって曖昧な点などが出てきますとそれでまた争いが起きてしまうからです。

遺産分割協議書では相続人ごとにどのような遺産を取得するか列挙していくのですが、建物を取得する場合は所在を間違うことなく書くことが不可欠でして、所在地は番地まで必要ですし、家屋番号と種類と構造と床面積まで落ちがなく書くように気をつけます。平屋建てではなく二階三階という場合は各階それぞれごとの面積を正確に細かく書いていないと、後でこれは正確な協議書ではないということにもなりかねませんので細心の注意が必要になります。

遺産分割協議で話がまとまらなかった時には家庭裁判所へ

遺産分割協議を知っていますか?遺産相続の問題について、相続人の方たちが全員参加で話し合いを行い、遺産の分け方を決定することです。 相続問題などは、家庭裁判所に申し立てを行って解決するものとお考えの方も多いことでしょう。実は少し違います。家庭内や親族の間で問題が起きた場合、可能であれば、まずは当事者どうしで話し合いで解決策を探ることが望ましいというのが、日本の民法の考え方なのです。

ですから、遺産分割協議を行っても話がまとまらなかったり、話し合いができなかった場合でなければ、家庭裁判所に申し立ての手続きを行うことはできません。その場合でも裁判所から選任された調停委員が間に入り、話し合いを行うように促されることが多いようです。

分割協議自体はかなり自由度の高い問題解決方法です。どなたか第三者の方に立ち会ってもらってもかまいません。費用もそれほどかかりません。相続人の方たちの納得が最優先されます。首尾よく話がまとまったら、後々のため遺産分割協議書を作成しておきましょう!公正証書の形式が良いそうです。

子供の遺産分割協議のポイント

遺産分割協議の相続額に関しては、子供の人数に大きく左右されることもあり、早いうちから経験豊富な弁護士が揃っている事務所にお世話になることが有効です。 とりわけ、遺産分割協議の話し合いの進め方については、素人にとって判断に迷いやすいことが多いとされ、将来的なリスクを回避するうえで、専門性の高い弁護士などの活躍ぶりを事前にチェックすることが良いでしょう。

その他、子供の代理人が遺産分割協議の手続きを取るには、高度なテクニックが必要となることがありますが、まずは経験者の口コミなどに目を通しておくことがコツです。

遺産分割協議の債務の範囲について

遺産分割協議の際に相続人の債務の範囲や金額などをじっくりと理解することで、後々の経済的なトラブルを防ぐことが大事です。 近頃は、遺産分割協議に関するサポートが行われている大手の法律事務所の特徴について、大々的に取り上げられることがありますが、いざという時に備えて、顧客対応の良い事務所に対応を任せることが肝心です。

そして、債務の内容に関しては、それぞれの相続人のケースによって、大きなバラつきが出ることがあるため、各地の有力な法律事務所の相談料金の相場をチェックすることで、何時でも落ち着いて行動できます。

遺産分割協議の流れ

相続をする時には、遺産分割協議を行うようにします。流れとしては、個人の遺産をすべて見つける事から始めます。銀行や金融機関の口座、普通預金の他にも積み立てや定期預金、保険、証券会社の株券や証券、ゴルフの会員権など、金融資産をすべて、出しておきます。

家にある現金や貴金属も遺産になりますので、把握しておく事が大切になります。その他では土地、建物が上げられます。その他にも資産として持っていた物は、すべて相続の対象となるので、書き出して置く事が大切です。遺産がすべて揃ったら、遺産分割協議を相続人の全員参加で、行って、どの遺産を誰が受け取るかを決めて行きます。遺産の中には借金や負債も含まれるので注意が必要です。

金額で行うか物品や相場で行うかは協議で決めれば良いのです。協議がまとまり、全員一致した時点で協議は終了となり、一致した事を確認しつつ遺産分割協議書の作成に入ります。協議書は、とても大切な物になり、金融機関の名義変更の際に必要となるので、同じ物を相続人全員が一枚ずつ持つ事になります。

これですべて終了となり、協議書を持って、名義変更をしていけばよいのです。また代表者は税務署に申告する事を忘れないようにしなければならないのです。申告期限が決まっているので、協議書が出来したい申告をした方が安全になります。

遺産分割協議に関する記事

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの遺産相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

遺言書作成・遺留分について

相続税のお尋ねと税務調査

相続手続き

遺産分割協議