弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点 遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)相談

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?遺産分割協議書作成は?

遺産分割協議は、弁護士とともに

遺産分割は、被相続人が死亡時に所有していた財産を複数の相続人で分配する制度です。法定相続分などを基にして、相続人の話し合いで分配の方法などを決めます。これが遺産分割協議なのです。協議がまとまらない場合は、家庭裁判所の調停・審判に場所を変えます。

相続人に対して生前に贈与があった場合は、原則として遺産とみなされるのが現状です。相談は、遺産相続手続きに詳しい弁護士にするのが重要です。身内が亡くなると悲しさが募りますが、悲しんでばかりいても手続きは待ってくれません。最近は、葬儀から届け出、お墓の準備までの手続きを段階ごとにまとめた本も数々出版されています。

遺産分割協議が無効や取り消しになるのはどんなときか

遺産分割協議は、故人の遺産の分配方法を決めるために行われる話し合いです。相続人にあたる人全員が参加し決定する必要があります。この話し合いはいくら親族同士の話し合いといえども、揉めごとになるケースが多いため、進行役で弁護士などの専門家に仲介してもらうほうがスムーズになります。

一人でも相続人が欠けていた場合や、反対に、相続人ではない人が参加していた場合は、その協議が無効になることがあります。また、未成年がいた場合は法定代理人が必要になりますが、その代理人がいない状態で遺産分割協議を行った場合は、取り消しの対象になることがあります。

弁護士を仲介に入れて遺産分割協議を進めるメリット

相続問題でトラブルになりそうだな、と思った場合は仲介役として弁護士に依頼するのが良いでしょう。遺産相続問題に関わることで遺言書がなかったり、内容に不満があったりする場合は、相続人すべてで話し合う遺産分割協議を行う必要があります。

その協議を行っても結論が出ず、共有財産のままになっている場合は、家裁での調停になってしまったり、裁判になってしまったりすることがあります。その点、弁護士が仲介となり公正な判断のもとで相続人の意見を取りまとめることができれば、遺産分割協議はスムーズに進行することが可能になるでしょう。

弁護士に遺産分割協議の仲介役を依頼

遺言書の作成がなく遺産を分割するようなケースにおいては、相続人同士で話し合いをおこなうケースがあげられます。そのような話し合いの場については、遺産分割協議と言われていますが、その協議においては相続人全員の参加が義務付けられます。

遺産の内容によってはうまく遺産の分割をできないようなケースもありますので、十分な配慮が必要とされることでしょう。そのようなケースにおいては、自分たちだけで遺産分割協議を進めていくよりも、法律家である弁護士に依頼をおこなうことで、さまざまなサポートを得ることができるでしょう。

遺産分割協議を実施する

相続人において遺産分割協議をおこなうことが定められていて、その場で遺産内容の分与がおこなわれますので、重要なシーンであることがあげられます。万が一、遺産分割の協議をおこなえないような場合であれば、弁護士を仲介人として任命し、全ての相続人と電話でのやり取りを代理してもらうことで、遺産分割の協議おこなわなくていいケースも数多くあります。

そういったことで災厄のケースなどを回避する方法などは数多くあります。そうした観点から見ると、遺産相続を熟知している弁護士に依頼をおこなう事は、大切だと言えるでしょう。

遺産分割協議に関する記事

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの遺産相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

遺言書作成・遺留分について

相続税のお尋ねと税務調査

相続手続き

遺産分割協議