弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点 遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)相談

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?遺産分割協議書作成は?

遺言書作成後の注意点の確認

ネットで調べると遺言書作成について情報が得られるかもしれませんが、それだけで遺言書作成をすべて行ってしまうと、注意点が漏れている危険性も考えられます。ですので、遺言書作成の注意点を守る事ができているかどうかの確認も必要になってくるかと思われます。

しかし、遺言書作成の注意点がどの様なものかきちんと把握できていないと、チェックできない事もあるでしょう。

そこで、遺言書作成の注意点が守れているか、法律という点からみても、効果がある物であるかどうかの確認を司法書士や弁護士などの法律家に依頼する事もできます。作成を終えており、注意点の確認をしたいために法律家を利用して聞くという事も可能かと思います。

公証役場で公正証書の遺言書作成をする

遺言書作成には、自筆遺言、公正証書遺言、秘密遺言がありますが、最も信頼性の高い遺言が公正証書遺言です。これは依頼人が公証役場で公証人からアドバイスを受けながら遺言書作成するもので、自筆遺言とは異なり公証人が遺言書を書きます。そして作成された遺言書の原本は公証役場で厳重に保管されるため、自筆遺言の際に起こりがちな紛失、意図的な破棄、変造、あるいは筆跡鑑定などの心配をする必要がないことが特徴です。

相続では遺言書は遺産分割における重要な資料の一つであり、被相続人の意思を反映させるものである事から、争いの無いよう信頼性の高い公正証書遺言を選択する人が増えています。

遺言書作成により遺産分割をスムーズに

遺言書作成により遺産分割をスムーズにすることが可能です。相続というものは財産が関係してくる以上紛糾するのが普通で遺言書がなければ、協議することになりますがその協議がスムーズにすすむとは限らないです。

そのために相続人を拘束する遺言書作成は遺産分割での紛糾解決に役立ちます。遺言書は故人の財産分与の意思の現れである以上その様式や内容は無効でないかぎり第三者から変更はできず、関係者を拘束します。そのために厳格な要式行為なのでこの遺言書作成は法律の知識のないままに行うのでなく、専門家に相談のうえ作成するのがベストです。

遺言書作成の際は効力があるかに注意しよう

これから遺言書作成をしようと考えている方がいるかと思われます。ただ、適当ではダメで、民法に定められている方式に従わないと効力が生じないので注意が必要です。そこで、使われることが多い普通方式について見ていきます。

自筆証書遺言は証人は不要ですが、自分で作成しなければいけません。その時に日付を吉日としてしまうと無効になるので気をつけてください。公正証書遺言は証人2人以上の立会いの下で、原則として公証人に口授して作成します。秘密証書遺言は公証人1人以上及び証人2人以上の前で、自己の遺言書である旨を申述しなければいけません。このような遺言書作成のルールは必ず守ってください。

遺言書作成の費用の支払い方

遺言書作成の費用の相場は、依頼先の法律事務所の経営方針や依頼者の希望などによって、大きく左右されることがありますが、まずは信頼のおける依頼先を見つけることがコツです。

また、コストパフォーマンスの良いサービスが行われている法律事務所にお世話になることにより、多忙な生活を送っている現代人にとって、沢山のメリットを実感することができます。

最近では、遺言書作成のスピーディーな対応が行われているプロの選び方について、数々のメディアで紹介されることが増えており、何時でも役立つ情報を得ることが可能となります。

相続における遺言書作成について

ドラマなどで良く見かける遺言書。親族の相続トラブルなどを避けるために作成するのですが、遺言書には作り方、書き方を間違えると無効となることがあります。少子高齢化により、亡くなる方が増加し、遺言書作成の重要性が増しています。

遺言書というと不動産をたくさん持つ資産家だけが対象と思われがちですが、ごく普通の方でも関係があります。書店に行くと、遺言書作成のための本なども出ていますが、法律を知らない素人が作ると、いざというときに家庭裁判所から無効の判断が下されることがあります。

残された子供や妻などが困らないよう、遺言書を作成される方は弁護士などに相談することをおすすめします。

効力が効く遺言書作成とは

遺言書作成をするには、効力が効くように書かなければ意味がありません。そうしないと、遺言書がただの紙切れになる恐れがあるからです。そうならないように、要点を押さえておきましょう。まず遺言書の効力は無期限ではないという事です。死亡届など亡くなった場合の書類処理がありますが、その処理中に遺言書が見つからないと法的手続きが優先される場合があります。一度決まった流れを変える事はとても難しい事です。

それと遺言書作成には、書いた日時が必要になります。もし日時がない遺言書が見つかったら、それはいつ書いたかがわからないので、それは遺言書とは呼べません。遺言書作成には、たくさんのルールがある事を理解してください。

遺言書作成のルールについて

遺言書作成のルールについては意外と知られていません。遺言書には法律で定められた形式やルールがあります。知らずに遺言書作成を安易にしてしまうと、せっかく作成しても無効となってしまいますし、効力がありません。

また、自宅は長女に相続するなど建物や場所の特定ができない場合は、遺言書には移転登記ができません。そこで相続人全員による分割協議を改めてやらなければ、いけなくなります。普段慣れない作業や書類が数多くありますので、法律の専門家に依頼することをおすすめします。大阪や東京を中心とした都市部には、法律事務所や法律専門が数多くあります。

有効性の高い遺言書作成について

遺言書作成の方法は1つではありません。自筆で記載する自筆証書遺言のほかに、証人を立てて、公証役場で公証人が作成する方法もあります。大阪であれば、大阪の管轄の公証役場が何か所かありますので不便はないです。

遺言者から直接遺言の内容を聞いて、公証人が書面に記載するという方法ですので、形式の不備による無効などという事は起こりませんし、偽造される心配もありません。原本は通常20年間、記載した本人が死亡までの間は確実に公証人役場で保管されます。昭和64年1月1日以降は遺言検索システムに登録されるようになりました。

正しく行いたい遺言書作成

遺産の相続手続きや相続問題と共に重要となるのが、遺言書の有無です。遺言書の存在や内容によって遺産相続に大きな影響が出ることもあり、残された家族などにとって大きなトラブルの要因ともなりかねません。

そのためにも、生前のうちに正しく遺言書作成をしておくことが大切でもあります。遺言書の作成方法には複数のパターンに分かれており、自分の置かれている環境や、遺産をどのような相手へ渡したいかなどの条件によって、様々な作成方法が適用されます。正しく作成された遺言書でなければ効果が発揮されないため、慎重な作成を行いたいものです。

遺言書作成・遺留分に関する記事

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの遺産相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

遺言書作成・遺留分について

相続税のお尋ねと税務調査

相続手続き

遺産分割協議