弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点 遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)相談

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?遺産分割協議書作成は?

知っておきたい遺産相続順位

少し難しい話になりますが、民法と呼ばれる法律が存在します。その法律の中で、相続順位というものが決められています。

たくさん家族がいる場合などに、優先順位の高い人から財産が分配される事になります。家族が少ない場合には、相続順位はたとえ低くでも分配される可能性があります。つまり親しい身内が少ないほど遠くの人にまで財産が分配される可能性も出てくるという事です。

遺産相続でトラブルになりそうになると、法律事務所の弁護士の所にやってくる人は多い様です。その際には、法的観点から考えて誰に権利があるのかという事を明確にします。

第三者の弁護士が行う事で、個人の主観や希望などに関係なく、客観的に判断してもらう事ができます。

故人に多額の借金があるなら、相続相談を

遺産相続人になれば、故人の財産を相続する事が出来ます。 父親や母親が亡くなった場合は、大抵その子供たちが相続人となります。 土地や住まいや現金などが相続の対象となり、子供たちは親の財産を受け取り、一定の割合の所得税を支払います。

ただ、亡くなった人物が裕福な方だった場合は遺産相続人となった方がメリットがありますが、 いわゆる未返済の借金が多く残されていた方の場合は、相続放棄の手続きをした方が良いでしょう。

相続相談はその道に詳しい弁護士にするのが正解です。 普通の相続手続きとは違い、放棄の手続きは面倒かつ専門性が高いため、必ず相続相談を行い、負債である借金までも相続しないように準備しておきましょう。

遺産相続の寄与分について

遺産相続の手続きを進めるうえで、寄与分の内容をしっかりと把握することが欠かせない課題として挙げられます。 最近では、遺産相続に関するサポートが充実している法律事務所の利点について、大手のメディアで大々的に取り上げられることがあります。 そのため、プロの法律家に相談をしつつ、常に便利な情報を仕入れることが良いでしょう。

また、寄与分が認められるケースについては、一般の消費者にとって、すぐに判断をすることが難しいことが知られています。 そこで、同年代の人々の成功体験談に目を通しておくことがポイントとして位置付けられています。

何から始めればいいのか分からない!相続相談するなら誰に?

相続対策を立てるにあたり、腕利きの弁護士や司法書士などが揃っている法律事務所を探すことがとても大事です。 この頃は、初めての相続相談のポイントに関して、多方面のメディアで取り上げられることがあるため、隙間時間を使いながら、便利な情報をキャッチすることがコツとして挙げられます。

もしも、相続相談のチャンスを利用したい場合には、ある程度のテクニックが要求されることがありますが、いざという時に備えて、空き時間を利用しつつ、同じような立場の人のアドバイスを聞き入れることが欠かせないテーマとしてみなされています。

遺産相続相談をして変わったこととは

相続が発生して遺産分割をする場合には、亡くなったかたの除籍謄本はもちろん生まれてからの戸籍謄本や原戸籍まで取り揃えなくてはなりません。また相続人の全員の印鑑証明と、それぞれの金融機関などの相続手続き依頼書などに個々に記入したり、実際に出向いて依頼をしなくてはならずかなりの労力がかかります。

ですから、専門の信託銀行に遺産相続相談をするととてもスムーズです。遺産相続相談をすると、さまざまなサポートをしてもらえるので楽になった、変わったと言う人がたくさんいます。 大阪や神戸でも信託銀行を探してみると頼りになる銀行が見つかります。

相続手続きを期限内に行う大切さ

相続の問題に直面したとき、相続手続きを怠ってしまった場合のペナルティなどが気になる方もいるでしょう。日本の法律では、手続きをしなくても遺産が相続人以外の人のものになってしまうなどはないのですが、内容によってはそのままにしておくことで、相続人の負担になってしまうものがあります。

マイナスの遺産、所得税、相続税がそれにあたります。3ヵ月以内、4ヵ月以内、10ヵ月以内と期限が決められていて、期限を過ぎた場合は、借金まで相続したり、それぞれの税金の負担額が多くなってしまったりと面倒なことが増える場合があるため、流れを把握ししっかりと相続手続きを行うのが理想です。

相続税のお尋ねと税務調査に関する記事

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの遺産相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

遺言書作成・遺留分について

相続税のお尋ねと税務調査

相続手続き

遺産分割協議