弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点 遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)相談

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?遺産分割協議書作成は?

遺留分を受け取れる可能性

遺留分を取得できる可能性が高い案件については、大手の法律事務所の得意分野としてみなされることがあるため、早いうちに相談先を見つけることがとても効果的です。

また、遺留分の請求をするための手続きの取り方に関しては、一般の消費者にとって、すぐに理解をすることが難しいとされ、なるべく信頼度の高い法律事務所にアドバイスをもらうことが良いでしょう。

最近では、遺留分を受け取れるケースに関して、各事務所のパンフレットや公式サイトなどに丁寧な説明が行われることがあり、常日ごろから役立つ情報をキャッチすることが大事です。

遺留分で分配する相続財産が保証されている

遺留分は、民法によって定められている相続分で、強行規定です。したがって、これに基づいて、相続人は相続財産の分配を受ける権利を有しています。遺言によって被相続人は自由に財産を処分することができますが、遺留分があるため、それを無視した遺贈が行われた場合、受贈者に対して返還を求めることができます。

これは、相手が任意に応じない場合は、まずは調停を申し立てて、調停がまとまらなければ裁判によって請求するというルートをたどります。遺言がない場合は、法定相続分によって財産が分配されるため、遺留分を問題にすることはありません。

遺留分の優先順位を理解しよう

遺留分のシステムを正しく理解することによって、遺産相続の際に経済的な余裕が生まれます。特に、優先順位の内容に関しては、素人にとって判断が難しいケースがあるため、予め弁護士や司法書士などの法律家から助言を受けることによって、初心者であってもスムーズに手続きを進めることが可能となります。

また、遺留分の請求をする利点について迷っていることがあれば、無料相談のサービスが用意されている依頼先を選ぶことがコツです。その他、実際に遺留分を獲得した人のレビューを参考にすることで、将来的なトラブルを事前に回避することができます。

遺留分減殺請求権を行使する事態

遺留分という自己の特権が侵害された場合に、その特権を保全するために必要な限度において、贈与や遺贈などの減殺を請求する権利のことを遺留分減殺請求権と言います。この訴えについては、話し合いの開催、調停の申し立て、訴訟提起などが行われることが通例となっています。

この遺留分減殺請求権を行使しなければならないような事態は、決して好ましいものではありません。何らかの事情で仕方なくこの権利を行使しなければならない、といった事態であると言えるでしょう。しかし、自己の特権を守るためには、この権利の行使を選択することも視野に入れておいたほうが良いでしょう。そして、これは強烈な権利であるため、家族の縁を切ってしまうほどの覚悟が必要です。

遺留分権利者の利益について

相続が始まると、残された財産をどのように分けるかが問題となります。その時に大きな役割を果たすのが遺言です。これにより、法定の相続分による分け方だけではなく、第三者に渡すなど、柔軟な処分の仕方ができるようになります。

しかし、ともに暮らしている場合など、身近な相続人が一切相続できないとなると生活に困ることがあります。そこで遺留分というものがあり、最低限相続できる割合が定められているのです。相続人が大きな利益を得るという事ではなく、最低限現在の生活を壊さないような配慮をするのが遺留分の意味であるといえるでしょう。

遺留分の割合は守って支払う

決められている割合を間違えてしまったり、もっと欲しいとごねても遺留分を変えることはできません。提示されている割合以上は支給されることがありませんので、最低限の数字だけと判断されれば守ることになります。

増やす方法は基本的に用意されていないために、どうしても欲しいなら遺産分割の協議によってお願いすることもあります。ただ遺留分として作られているものは、決められている範囲によって支給することになります。勝手に変更することはできませんので、足りない状況にするなど、トラブルが起こりやすい問題は避けておくことです。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

遺言書作成・遺留分に関する記事

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの遺産相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

遺言書作成・遺留分について

相続税のお尋ねと税務調査

相続手続き

遺産分割協議