弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点 遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)相談

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?遺産分割協議書作成は?

はじめて遺言書作成を行う

はじめて遺言書作成を行う際には、間違いがないか不安になってしまうような人も多いことでしょう。とくに法律で定められている遺産の分割方法や、遺留分においては間違ったものを記載してしまいますと、無効になってしまうようなケースもあります

。無効になるような不安があるようであれば、弁護士や司法書士などに遺言書の作成について、指導を受けることで適切な遺言書を作成することができます。遺言書については、ライフステージで変更していくことが必死となってきますので、遺言書の基本を知ることが大切になってくることでしょう。

親族の関係性を考えて遺言書作成をおこなう

遺言書作成と聞くと他人事にも思えてしまうようですが、実際のところ、ライフステージ変化に伴い、遺言書を作成する人が増えているようです。作成するにあたって、遺留分に関しては法律で定められています。万が一、間違えてしまいますと無効になってしまうことがあげられます。

遺言書の作成に関しては、専門の機関や法律家である弁護士や、司法書士に作成のサポートを受けることができるようになります。そのなかでも弁護士であれば、相続においてのトラブルなども熟知されていますので、遺言書を作成する場合において参考にすることができるでしょう。

多様化するライフスタイルにおいての遺言書作成

最近では遺言書作成をする人が急増しています。理由はさまざまありますが、ライフスタイルが多様化していることも理由としてあげられることができます。このことに関しては、自分の財産についても考える機会にもなりますので、特に若い人にとっては有益なことでしょう。

しかしながら、遺言書の作成にあたっては遺留分や相続の割合などは十分に気をつける必要があります。遺言書の事例などで、この部分が間違えていて無効になるような事例も数多くあるようです。遺言書の作成時については、弁護士などの法律家のサポートを得ることで、確実な遺言書作成が可能になるでしょう。

はじめての遺言書作成

終活という言葉をご存知ですか?その終活の一貫として、人生のエンディングを良いものにしようと、積極的に遺言書作成をする人が増えているそうです。遺言書については、市販されている本やキットなどを参考にすれば、基本的な情報が記載されていますので、記載することが可能になるでしょう。

しかしながら、せっかく遺言書を作成するのであれば、しっかりと意味合い等を理解して、遺言書を作成する必要があるでしょう。また遺留分など法律で決められた部分もありますので、その点もしっかりと理解して遺言書を作成する必要があるでしょう。

ライフスタイルを考えて遺言書作成を行う

遺言書と聞くと作成をおこなう人は限られているようにも思えますが、ライフスタイルを考えて遺言書作成をする人が増えています。残された家族や親族にとって、故人の遺産は気がかりになることとなりますので、しっかりと遺言書を作成することで不安は解消し、正しい遺言書を作成することができます。

遺言書を作成するにあたっては、遺留分や分与に関して間違いなく記載が必要となりますので、確実に遺言書を作成したいのであれば、弁護士に依頼するようにしましょう。弁護士のサポートを得ることで、より良い遺言書を作成できればいいですね。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

遺言書作成・遺留分に関する記事

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの遺産相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

遺言書作成・遺留分について

相続税のお尋ねと税務調査

相続手続き

遺産分割協議