弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点 遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)相談

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?遺産分割協議書作成は?

相続手続きを弁護士に依頼するメリット

相続手続きは簡単に済む人もいますし、かなり面倒な手続きが必要な人もいます。相続人が一人だけの場合と複数いる場合、相続がかからない場合とかかる場合、遺言書がある場合とない場合、遺留分減殺請求を出す場合、相続放棄をする場合、限定相続を選ぶ場合など、そろえる書類も多く、家庭裁判所への申し立てが必要であったり、相続人同士で合意出来ずにトラブったり、どうしようもなくなった場合は、弁護士に相談をするのがおすすめです。

相続手続きには期限のあるものもあります。たとえば相続放棄や限定相続は相続を知ってから3か月以内が期限です。速やかに弁護士へと依頼しましょう。

困ったら相続手続きの相談へ弁護士を使う

相続に関連している問題は多く、相続手続きまでの期間で対応しなければなりません。弁護士の場合は、相談を受け付けていますので、とりあえず気になるところは相談したり、メールによって問い合わせを行ってみるといいです。話をしておくことにより、安心して相続手続きが行えることもわかってきます。

これまで色々な相談をしている方なら、更に多くの情報を得られるチャンスとなります。なかなか問い合わせだったり、相談に行くのは辛いと思われているかもしれませんが、話をしていくことによってわかることも多数あるので、相続関連でも話をしてください。

相続手続きを弁護士にお願いする

法律的にしっかりとやらないといけないことというのは意外とあります。その一つが相続です。相続手続きというのは意外と面倒なことも多いです。例えば土地家屋があれば登記を変える必要がありますし、誰にいくらの現金を、というのも記録として残しておく必要性があります。

有価証券なども名義変更が必須です。こうした行為は実は個人的に、自力で可能です。しかし、基本的には弁護士に依頼するようにしましょう。弁護士は相談料、着手金、成功報酬などがありますから、明確にいくらかかるのかは確認しておきましょう。それが基本になるといえます。

初めての相続手続きも弁護士で

わからない人へのアドバイスがしっかり受けられるようになり、期待できる状況を作ってくれるのが弁護士です。これなら相続しやすいと判断できるような気持ちにしてくれるので、かなり安心できるかもしれません。

弁護士を活用していることで、とにかく相談によってわかりやすく、そして今後の手続きについても把握できるようになります。最初のうちは、とにかく相談していくことが大事だと考えて、事務所に行ってみるのもいいでしょう。それから気になっている部分を相談して、相続手続きについてわからないところを全て話してもらうことが大事です。

面倒な相続手続きは弁護士に相談します

遺言書が見つかったら、自筆証書遺言であれば開封せずに家庭裁判所に持って行って検認を受ける必要があります。相続手続きには期限のあるものもあります。相続放棄は3か月以内です。遺言に不服がある場合の遺留分減殺請求は相続を知ってから1年以内です。

そろえなければいけない書類も多く、家庭裁判所への申し立てなど、個人では面倒なことが多いです。遺言書がない場合に開かなければならない遺産分割協議、遺産分割協議書がなければ銀行預金の名義変更も引き出しも出来ません。面倒だと頭を抱える前に弁護士に相談するのがおすすめです。

相続手続きに関する記事

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの遺産相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

遺言書作成・遺留分について

相続税のお尋ねと税務調査

相続手続き

遺産分割協議