弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点 遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)相談

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?遺産分割協議書作成は?

注意点がある遺言書作成

ただ単に遺言書作成をしていればいいというものではありません。遺言書作成をしていても、注意点を無視していれば、争いなる可能性も考えられます。

ですので、注意点をいかにして守るかという事がポイントになってきます。

注意点について確認しながら遺言書作成を行うと手間がかかる事もありますが、きちんとしておく事は子孫のためにもなります。

遺言書作成では書式や内容についても注意点があるという事を忘れない様にしたいですね。

注意点を守り遺言書作成ができるかどうか自信がない人は、プロに頼むと有効な書類を仕上げてくれる事でしょう。法律家は細かい点などについても、理解していますので作成は安心してお願いする事ができるでしょう。

遺言書作成の時の財産の書き方

病気であっても、健康に何の問題が無くてもある程度の年齢になると死後のことが気になり、遺言について考え出すでしょう。遺言が正しくかなえられるためには、遺言書作成が有効です。

テレビのドラマなどでよく見かける遺言書ですが、正確な書き方はよくわからないものです。遺言書作成には気を付けるポイントが沢山ありますが、財産について書くときにも気を配りましょう。

相続させる財産が土地や建物の場合は登記簿に記載されている通りに書きます。また、相続させる人物に何を相続させるのかを明確に書いておかないと、親族間で争いが起きかねないので気を付けましょう。

遺言書作成に使う署名とは

遺言書作成は、法律に沿った方式で記入しなければ、遺言書としての効力を発揮しませんので、書き方には注意が必要となります。遺言者本人が作成する自筆証書遺言の場合は、すべての内容を自分で手書きしなければなりません。遺言書の偽造や、他の者が作成した遺言書に署名だけを強要されることを避けるためです。

筆記用具や用紙は制限はありませんが、消しゴムなどで文字を消して修正されることがない、ボールペンなどで書きます。署名は、本人であることが分かればペンネームなどでも認められますが、戸籍上の本名を記したほうが賢明でしょう。

子供のための遺言書作成について

遺言書作成をしなければ法律に定められたとおり遺産は残された法定相続人の間で分けられます。例えば遺族が子供2人と妻の場合は妻が2分の1を、残りの2分の1を2人の子供が半分ずつ相続することになります。

しかし遺言書作成をしておけば財産の半分は遺留分として法律に定められた通り分けなければなりませんが残り2分の1については誰に残しても残さなくても自由に決めることができます。生前世話をしてくれた家族だけに残すこともできます。しかしある家族にだけすべての財産を遺すと遺言書に記載されていたとしても半分は遺留分として法定通り分けることになります。

遺言書作成と相続人指定について

遺言書作成は財産の相続人を指定するのによく使われます。遺言書作成をすることで、法律でも規定されている通り、かなりの決定権や影響力があります。色々、家族関係、兄弟関係、子供の関係などでややこしい時には、トラブルを避けるためにも遺言書は作るべきです。

相続人を指定することで財産をもらえる人を選んだり、与える金額を決められます。急になくなることも想定してある程度早い年齢の時に遺言書を作る方もいます。何も伝えられずに、財産だけあると身内同士での争いに発展しかねないので、早めの準備をすることです。遺言書は書くべきです。

遺言書作成の際の土地の分割方法

遺言書作成の際に土地の分割方法にこだわりたい場合には、各方面の専門家のアドバイスを積極的に聞き入れることが有効です。とりわけ、広大な面積の土地の価値を理解するためには、高度な知識が必要となることがあるため、短期間のうちに実績のある専門家にサポートを依頼することが望ましいといえます。

また、遺言書作成の利点については、今や多くの消費者の間で大きな話題となるケースが増えています。そこで、様々な事例をチェックすることによって、顧客サービスの優れている法律事務所にサポートを願いすることが成功のポイントとなります。

遺言書作成と配偶者の権利について

遺言書作成の手続きに取り掛かる際には、事前に配偶者の権利を正しく理解することが重要な課題といえます。特に、土地や家屋などの高額な資産を相続する際には、様々な責任が発生することがあるため、定期的に法律事務所のスタッフから助言を受けることが良いでしょう。

現在のところ、遺言書作成のサポートが優れている法律事務所の取り組みについて、各方面の媒体で紹介されることがあり、いざという時に備えて、必要な知識を身に着けることが大事です。その他、遺言書作成のプランの内容を把握することで、将来的な不安を解消できます。

遺言書作成は自分だけで可能なのか

いつ我が身に不幸がふりかかるかもわからないため、遺言書を残しておこうとお考えの方も多いのではないでしょうか。そんな時に疑問を抱かれるのはどうやって書いたらいいのか、自分一人だけで書いていいものなのかということではないでしょうか。

書き方に関しては近年では大阪や東京など多くの場所の書店で遺言書作成についての書籍が販売されているのでそれらを参考にすることも可能かと思います。もう一つの一人で書いてもいいのかという問題ですが、ご自身だけで作成しても法的になんら問題はありません。しかし、弁護士などの第三者を介して作成されたほうがより法的に強固なものとなります。

遺言書作成を行ううえでの注意点

いつ来るかわからない不幸に備えて遺言書作成を行っておくのは大事なことではないでしょうか。遺言書は書店に参考になるような書籍が多数販売されているので、自身で書くことが可能です。しかし、注意しなければならないのは、自分で書いたものと第三者に関与してもらったものでは後者の遺言書の方が、法的に効力が強いという事です。

これは弁護士など第三者によって偽造などの可能性を否定してもらうことができるからです。このような遺産問題などに強い弁護士というものは、大阪はもちろん全国に居るので、一度相談してみるのがいいでしょう。

遺言書作成の種類とは

ひとことで遺言書作成といっても、形式やかかる費用は方法によって変わってきます。自分で全ての作成を行う自筆証書遺言のタイプと、遺言書を公正証書の形式にして公証人の役場に保管するタイプ、作成した遺言を他の人や公証人に見られたくない場合には、秘密証書遺言のタイプがあります。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、要望やライフスタイルにあったものを選ぶことが大切です。東京や大阪をはじめとする都市部に多くの専門機関や法律事務所がありますので、作成する前に一度それらの場所に相談してみてはいかがでしょうか。

親族が揉めないための遺言書作成

まだまだ元気だから大丈夫と思っていても、人間いつどんなことが起きるかはわかりません。不慮の事故や災害に巻き込まれてからでは遅いのです。民法では遺留分といって、遺族が最低限相続できる割合が決められています。これを無視した内容の遺言書を書いてしまうと、無効となるだけではなく、親族間で軋轢を生む原因となるケースも多いです。

また、家や土地といった現金以外の遺産については、素人には価値を判断するのが難しいものもあります。大阪には、遺言書作成のサポートを行っている事務所が多数あります。遺された家族が笑顔で暮らしていけるよう、自分の築いた財産を整理しておくことが大事です。

遺言書作成での注意事項

遺言書には自筆証書遺言と公正証書遺言があり、自筆証書遺言は文字通り自筆でなくてはならないため、パソコンなどで遺言書作成する場合は無効になります。また自分自身で保管しなくてはならず、紛失させてしまう可能性もあります。

公正証書遺言は費用が掛かりますが、プロの公証人と作成するので無効になることがほとんどなく、保管もしてくれるので紛失や改ざんの心配もありません。他にもそれぞれメリット・デメリットがあるのでしっかりと確認して自分に合った方法を探しましょう。また、大阪でも無料で相談できる場所がありますので活用していきましょう。

遺言書作成には第三者がいると安心

遺言書を作り上げるのは自分一人で行うことが可能です。書籍やネットなど参考にするものは数多く存在します。しかし、遺言書作成において第三者がいる方が安心です。第三者とは弁護士のような職業の人です。

なぜ安心なのかというと弁護士がいることにより、偽造などの可能性のない遺言書であるとみなされ法的に効力の強いものとなるからです。こういった問題に強い弁護士というのは大阪をはじめ各地に存在します。もちろん第三者を介さずに作成した遺言書も法的に有効な代物です。あくまで弁護士が居る方がより安心であるということです。

遺言書作成のポイントはここです

自筆証書遺言書作成は、立会人や申請などが必要ないため、最も手軽な方法といえます。しかし、法律で定められた要件や形式に従って記入しなければならず、もし一つでも不備があった場合には無効になってしまうため、注意が必要です。

最低限のルールとして遺言の内容、日付、署名を全て直筆でする事、日付をしっかりと明記すること、日付はスタンプなども不可となっています。署名、押印をすること、戸籍通りのフルネームで書き認め印ではなく実印で押す方が良いです。加除訂正にも決められたルールなどがあります。しっかりとルールを守って遺言書作成をしましょう。

遺言書作成・遺留分に関する記事

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの遺産相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

遺言書作成・遺留分について

相続税のお尋ねと税務調査

相続手続き

遺産分割協議