弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点 遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)相談

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?遺産分割協議書作成は?

相続手続きで悩んでいる方は弁護士へ

相続手続きで心配を抱えているかたは法律事務所に相談をすると良いでしょう。しかし問題のケースによって相談する相手を考えましょう。弁護士に相談した方が良い方は現在、遺産相続でもめている方や分割協議はこれからなのですが、裁判にもつれ込むのは必至な場合です。

行政書士は初めてでどうしたらよいのかわからないときやできるだけ費用を抑えたい方です。税理士に相談した方が良い方は会社役員で相続財産が多いなどの場合です。

それぞれ特色がありますが、あなたのケースを考えたうえで、一番良い相談相手を選択するのが良いでしょう。

相続放棄などの相続手続きを法律の専門家に相談

遺産の状況によっては相続放棄などの手続きを行うことが必要なことがありますが、しっかりと手続きを滞りなく行うためには弁護士などの法律の手続きに精通している人に相談をしていったほうが確実です。

そういった相続手続き業務に関しては、弁護士の他、司法書士や行政書士など、法律系の専門家も業務を行っているので、相談するケースに応じて依頼先を考えると良いでしょう。

相続案件を中心に業務を行っている法律事務所であれば、難しい案件を処理した経験も豊富なので、ややこしい相続手続きもしっかりとこなしてもらうことができます。

相続手続きの期限について

相続手続きではさまざまな手続きが必要になりますが、そのほとんどに期限があります。まず、相続手続きを始めるためには、被相続人の死亡から7日以内に死亡届を提出します。死亡届の受理によって公的に被相続人の死亡が認められると、正式に相続が開始されます。

次に、相続開始から3ヶ月以内に遺言書の有無、相続権を持った法定相続人と相続する財産の総額や内容の調査、誰がどの遺産を相続するかを相談する遺産分割協議を済ませる必要があります。さらに、被相続人にマイナスの遺産がある時や、故人が行っていた事業など特定の相続人のみに相続させたい遺産がある時に行える限定承認や相続放棄の手続きも3ヶ月以内が期限です。また、被相続人の収入によっては4カ月以内に所得税の準確定申告が必要です。

その後は10カ月以内に相続人同士の協議に基づいた遺産分割協議書の作成、土地や口座や有価証券などの相続財産の名義変更、そして相続税の申告手続きを行います。相続税は相続した総資産額や相続人との関係性によっては控除が受けられることもあります。

まずは勉強したい相続手続き

どの様な人であっても、家族の死に直面する事もあるかと思われますので、その様な場合には相続手続きが必要になってきます。相続手続きはいきなり必要になる事もあります。これかから相続手続きをしないといけないという時には、全く何の知識もない所から行うというのはかなり大変だと思われます。

相続手続きについてはまず全体の流れについて把握するなど、基本となる部分については自分で勉強する様に努めてみてはどうでしょうか。相続手続きについて学ぶ事によって、今後の事を考えながら落ち着いて対応できる様になるのではないかと思われます。しかし、法律が関係しているので、難しく感じられる点は法律家に聞きましょう。

遺産相続相談と相談事例をチェックしよう

大手の法律事務所においては、遺産相続相談の相談事例が詳しく掲載されているため、早いうちから依頼先を選びたい時には、積極的に情報収集をすることがおすすめです。そして、相続手続きのサポートの内容に関しては、それぞれの事務所のスタッフの経歴に大きく左右されますが、いざという時に備えて、アフターフォローのシステムが充実している依頼先を見つけることが良いでしょう。

ニーズの高い法律事務所においては、無料の遺産相続相談のサービスが用意されることがあるため、コストパフォーマンスの良い相談先を決めることが重要なテーマとしてみなされています。

相続手続きの相談はWEB上で出来る?

相続手続きは一生に何度もあることではありませんが、親族間トラブルでは上位を占めるほどの問題を生じやすい手続きでもあります。

そのため相続手続きは専門家に助けを借りることでよりスムーズになることが少なくありません。しかしながら遺族として悲しみの中、何度も事務所に足を運ぶことが難しいと感じられる場合は、WEB上で相談することも可能です。

大阪で相続手続きの相談をWEB上で行う際は、できることなら大阪に拠点を持つ事務所が運営するサイトを利用することが望ましいです。出張に対応している専門家もあるため、対面を希望する場合にも可能となります。

相続手続きに関する記事

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの遺産相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

遺言書作成・遺留分について

相続税のお尋ねと税務調査

相続手続き

遺産分割協議